ハルミちゃんが逝きました。
b0024758_23234072.jpg

天王寺動物園のハルミちゃん(27さい)が きょう午後の1時ごろに亡くなりました。

休園日のお昼でしたから スタッフに見守られながら逝ったのでしょうね

先々週 そして先週の土曜日と、お見舞いに行きました。
以前から痛めていた左前肢の蹄だけでなく、右も黒くなっていました。
5月頃から特に悪くなっていてサブにも出ていませんでしたが、午後のケニアくんオヤツタイムのときに
奥の部屋に見えました  それ以外の時間も窓越しに様子を見ることもできました。
「はーちゃん 元気ー?」 もしゃもしゃ食べてるから なんとか元気やねって・・・・・
b0024758_23314020.jpg

じっと見つめるケニヤくんを気にせず 枝で角をゴリゴリしているハルミちゃん
b0024758_23322098.jpg

b0024758_2334339.jpg

ハルミちゃんだけ拡大すると痩せているのがわかります 骨がよくわかります 後肢も曲がっています。 
b0024758_23341247.jpg

右の前肢が・・・

この日も 飼育員さんはハルミちゃんをトレーニングして(毎日欠かさずトレーニングしています)
消毒のお薬を塗っていました。

他の部屋にも自由に出入りできるようにしてあったので
ゆっくり移動して他の部屋にいることもあったそうです。


そして  このところ座ってなかったようです・・・



きっと座ると終わりだとわかっていたのでしょうね・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0024758_2341436.jpg




脚(蹄)の具合が悪かったハルミちゃんですが
去年の10月ごろはトレーニングにより治療もできるようになっていました。
「ハルミちゃんのお見舞いに」
このトレーニングがなければ、ハルミちゃんはここまで生きることもできなかったでしょう

トレーニングによる治療がなければ、もっと早くに倒れていたと思います。
ハズバンダリートレーニングは、海外では当たり前のようにされていることですが
日本では、まだまだできる動物園が少ないです それは いろんな事情があったりするようです

高齢のハルミちゃんをトレーニングすることは、とてもとても大変だったでしょう

飼育員さんが どんな思いでハルミちゃんの治療を続けてこられたのか
ハルミちゃんが 少しでも楽に 痛くないように ストレスを感じないように
優しくハルミちゃんに寄り添って 老後を少しでも幸せに・・・ 
そんな強い思いだったでしょうね  

ハルミちゃん安らかに
そして飼育員さん ほんとうにお疲れ様でした。
心から ありがとうございました。

b0024758_23302265.jpg

b0024758_23293182.jpg
b0024758_23294125.jpg


1984.12.18 多摩生れ  父 キクタカ  母 ハルコ

1986.3.25  天王寺に来園

ハルミが生んだ子どもは6頭ですが、ほとんどが若いうちに亡くなっています。

1990年11月4日♂リンタロウ(父・ナガヤ1991年7月22日名古屋市東山動物園へ 1997年1月13日没)

1992年10月13日♀ナルミ(父・ナガヤ1993年12月6日姫路セントラルパークへ 1994年7月26日没)

1995年7月8日♂アンディー(父・ナガヤ1996年7月1日福山動物園へ 1996年7月4日没)

1997年6月15日♂ピット(父・ナガヤ1998年5月25日とべ動物園へ 2006年2月2日没)

2002年6月27日♂ハジメ(父・ケニヤ2003年5月12日長崎バイオパークへ 2003年5月14日没)

2006年8月14日     (父・ケニヤ2006年8月16日没)

みんな既に亡くなっています。
7歳で亡くなったリンタロウに子どもがいたのでしょうか?
ナルミは1歳で移動後 半年で亡くなっているので繁殖はなかったでしょう

アンディーとハジメは移動後すぐに亡くなっているので事故だったのかなと思います。


とべ動物園のピットの子どもが群馬サファリに移動しています。

*メス・リン*2002.5.6とべ生2005.12.15群馬サファリへ(父・故ビット 母・故ジュンコ)

リンの生存確認は数年前です


今も元気でいてくれたらいいな




*ポチッ☆*応援ありがとうございます。♪人気ブログランキング♪

写真本「砥夢」ご購入方法
写真本「砥夢」はコチラ
b0024758_018353.jpg


東京で「砥夢」が買えるお店はコチラ

愛媛県立とべ動物園 売店・レストラン
またHPより通販もできます。 ↓
オンラインショッピングでの購入方法はコチラ
by asitaharedayo | 2012-07-17 19:01 | 大阪市天王寺動物園 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://asitahare.exblog.jp/tb/18653006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 11月のキロ at 2012-07-18 00:22 x
生き物は、いずれ別れの時が来るとはわかっていても やはり寂しいですね。 

安らかに。
Commented by カメ美 at 2012-07-18 08:31 x
ご冥福をお祈りします。
ハルミちゃんは、ホント、リッピさんにとって特別な存在だったと思います。
寂しくなりますが、ケニアくん、他の動物園のキリンの皆さんの幸せを願い、
これからも行動していってください!
Commented by asitaharedayo at 2012-07-19 22:54
キロさん 
こちらにもコメントありがとうございます。
存在が大きいだけに大往生と言えど寂しくなります。
Commented by asitaharedayo at 2012-07-19 22:57
カメ美さん
コメントありがとうございます。
一番多く会っているキリンで、よく話しかけていたので
特別といえば特別ですね
ケニアも国内最高齢のオスキリン
トレーニングで良い感じになっています
このまま元気で長生きしてほしいです。
はい 全国のキリンさんに愛を^^
Commented by ミズキ at 2012-07-20 07:10 x
ハルミの訃報。。。
ショックでした。

専門学校の卒論でサキコ、ハルミを取り上げさせてもらって、あたしの中でコウイチ、マギー、空、と同じぐらい思い入れのあるキリンさんだったので。。。

お空の上でサキコに会えたかな?

安らかに眠ってください。
Commented by asitaharedayo at 2012-07-21 23:57
ミズキさん
卒論でしたよね  書くrためにいっぱい観察されたでしょう
ミズキさんも関わったキリンたち 今頃お空の上で再会していますね。

ミズキさんが残したキリンへの愛は ずっと繋がっていますよ
またお会いしてお話ししたいです。
<< 大阪のサバンナ 春子さんと博子さんの仲 >>